9月9日は救急の日 2019年度

近年、救急隊による傷病者の搬送が増加しており、特に高齢者の割合が高くなっています。

また、子供の死亡原因の上位は長年にわたり「不慮の事故」となっています。
しかし、少しの注意や心掛けで防ぐことができるものがたくさんあります。
この機会におうちのキケンを確認しましょう。

子どもの場合

おうちはキケンがいっぱい

おうちはキケンがいっぱい(消防庁)
http://www.city.okayama.jp/contents/000314008.pdf

高齢者の場合

事故予防チェック
 事故予防チェック(消防庁)
https://www.city.kyoto.lg.jp/shobo/cmsfiles/contents/0000210/210877/kourei.pdf

b simple 37 1S

★救急車を呼ぶか迷ったときは?

緊急度に応じた必要な対応が表示されます

全国版救急受信アプリ「Q 助」PC版

全国版救急受信アプリ「Q 助」

総務省消防庁「Q 助」案内サイト

 b simple 37 1S

救急車を呼ぶほどではないが、すぐに治療を受けたい場合
四日市応急診療所 TEL:059-353-1759
場所:四日市市西新地14-20 (四日市市消防本部東)
診療時間:休日(日、祝日) 10時~12時、13時~16時
診療科目:内科、小児科、耳鼻咽喉科(耳鼻咽喉科は日曜日のみ)

みえ子ども医療ダイアル TEL: ♯800
急な子どもの病気等、電話相談 に応じてくれます。 (毎日 19:30~翌 8:00)
上記の番号が使えない場合は、 TEL: 059-232-9955

救急医療情報センターコールセンター
※休日や夜間でも受診可能な医療機関を案内しております。

≪電話での案内≫  0800-100-1199
        (自動音声案内・無料) 353-1199(オペレーター応診)

≪パソコンでの案内≫ 医療ネットみえ

http://www.qq.pref.mie.lg.jp/ (パソコン、スマートフォン)
http://www.qq.pref.mie.lg.jp/k/ (携帯電話)

 医療ネットみえ 携帯電話用二次元バーコード

b simple 37 1S

四日市市中消防署中央分署
TEL:059-325-4717


 


印刷