福泉寺(ふくせんじ) のあらまし

福泉寺

 

 

近江国神崎郡上郷山田の小倉宮内少輔頼利が、本願寺八世蓮如の弟子となり出家、教尊という法名をもらって寛正3年(1462)平尾に一宇を建てたのが、福泉寺のはじまりです。

 

 

 

 

福泉寺 境内の様子

 

 

 

 

 

 


印刷   メール