上海老町道場 (かみえびちょうどうじょう) のあらまし

上海老町道場

 

 

上海老町公会所の向かいに大きな本堂があり、東側に鐘楼があります。「道場」といわれて親しまれています。

 

正式の名称は「東岡山真宗大谷派盛願寺説教場」といいます。

創設は寛政元年(1789)となっています。

 

 

 

説教場のため住職・門徒はありませんが、上海老の林寺として大切にされています。

 

 


印刷