四日市市県地区まちづくり委員会

市内消防・防災

石油ストーブ・石油ファンヒーターを安全に使用しよう 2020 冬 (中消防署中央分署)

ラブちゃん

なんと石油ストーブ・石油ファンヒーターの事故5年間で57人も死亡しています。
(2014年度から2018年度の5年間に、NITE(ナイト)に通知のあった製品事故情報)

これらの事故はこの時期から増え始め、1月頃にピークを迎えます!

原因として、ストーブへの給油時に灯油がこぼれて火災になる。
間違えて給油したガソリンに引火する。
使用中に可燃物が接触して発火する等の事故が発生しています!!

石油ストーブ・石油ファンヒーターによる住宅の全焼や死亡事故の多くは、使い方が原因で発生しています。

空気が乾燥して火災になりやすい冬場を迎えている中、以下のポイトを注意しましょう!!

 

■石油ストーブ・石油ファンヒーターの事故を防ぐポイント!

給油する前に必ず消火する。
給油後は、給油口キャップをしっかりと締め、灯油が漏れないことを確認してから本体にセットする。

給油時の注意事項

○灯油は、灯油用ポリエチレンかん(以下、「ポリタンク」という)などの専用容器に入れ、ガソリンと別の場所で保管する、ラベル表示で区別するなど、
誤給油を防ぐための対策を徹底する。

誤給油を防ぐための対策を徹底しましょう

 

〇周囲に可燃物などを置かない。特に衣類などを乾かさない。

〇就寝する前に必ず消火し、完全に消えたことを確認する。

石油ストーブで衣類を乾かすのは危険です!

 

中消防署 中央分署 TEL:059-325-4717

忍び寄る複合災害

ラブちゃん毎年のように日本列島に甚大な被害をもたらす台風や大雨
本年も台風のシーズンがやってきました。

しかし、本年は例年と違い「withコロナ」として台風&大雨対策が必要となっています。
ではコロナ禍の災害時どのように備えて、どのような行動をすればよいのかを紹介していきます。

新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災害時には、危険な場所にいる人は避難することが原則です。
事前にハザードマップを確認し、自宅での安全が確保されているかを確認しましょう。 

以下に、皆さんが避難しようとする際に知っておいて頂きたいポイントを5つ挙げます。

  1. 安全な場所にいる場合は避難場所に行く必要はありません。
  2. 避難先は小中学校・公民館だけではありません。安全な親戚・知人宅に避難することも考えてみましょう。
  3. マスク・消毒液・体温計が不足しているので、自ら携行しましょう。
  4. 市町村が指定する避難場所、避難所が変更・増設されている可能性があります。
    災害時のために市町村ホームページ等で確認しましょう。
  5. 豪雨時の屋外の移動は車も含め危険です。
    やむをえず車中泊をする場合は、浸水しないよう周囲の状況等を十分確認して下さい。

出典:内閣府「新型コロナウイルス感染症が収束しない中における災害時の避難について

換気・消毒・検温

四日市市中消防署 中央分署 Tel 059-325-4717

 

文化財を火災から守ろう

文化財防火デーのポスター

毎年1月26日は、文化財防火デーです。

文化財防火デーの制定は、昭和24年1月26日に、現存する世界最古の木造建造物である法隆寺(奈良県斑鳩町)の金堂が炎上し、壁画が焼損したことに基づいています。

昭和30年の第1回文化財防火デー以来、毎年この日を中心に、文化財愛護に関する意識の高揚を目的として、全国で消防訓練や点検をはじめとした文化財防火運動が行われています。

国民的財産である文化財を火災や震災などから守るためには、文化財の関係者、消防機関、地域の皆さんが一体となって、火災予防の環境作りや防災体制の整備に努めることが大切です。

文化財の防火・防災へ関心を高め、みんなで文化財を守りましょう。

【問い合わせ先】 消防本部 予防保安課 TEL 059-356-2010

中消防署中央分署からのお知らせ ー感染症対策 2020

できてますか? 感染症への対策

新型コロナウイルスインフルエンザ等の感染症への対策はしっかりと出来ていますか?

感染症とは病原体が体に侵入して、症状が出る病気のことを言います。
また、病原体が体に侵入しても症状が現れる場合と現れない場合があります。
感染症となるかどうかは、病原体の感染力と体の抵抗力とのバランスで決まります。
例えば、健康であれば気にすることのない菌であっても、病気などで抵抗力が弱っている時は、これらの菌に感染をおこしてしまう可能性があります。
感染症が感染する経路は、主に「飛沫感染」、「経口感染」、「接触感染」、「空気感染」の4つです。
新型コロナウイルスやインフルエンザの主な感染経路は、この内「飛沫感染」、「接触感染」と言われています。

では、どうやって感染症を予防すればよいのでしょうか。
基本である手洗いにも、方法一つで効果が違ってきます。

手洗い方法と残存ウィルス数の関係

手洗い無しの場合に手に残っている菌が約100万個とすると、ハンドソープで10秒もみ洗いし流水で15秒すすぐのを2回繰り返した場合では、菌の数は約数個程度まで減少すると言われています。

また、持病がある方などは人混みを避けたり、マスクを着用するなどの注意も必要です。
普段の生活から見直し、感染症から自分の身を守る習慣を身につけましょう!

ラブちゃん 四日市市中消防署 中央分署 Tel 059-325-4717

 

中消防署中央分署からのお知らせ 2019 冬

ラブちゃん

 

放火による火災

放火(放火の疑い)による火災は全国的にも四日市市消防本部管内でも、毎年、火災原因の上位となっています。

放火(放火の疑い)による火災は人通りが少なく、人目につきにくい時間帯、場所で多く発生していますので、家の周りに燃えやすいものを置かないこと、建物の周りを明るくするなどに気を付け、また、地域でも自衛意識を持っていただき、放火されにくい環境を作りましょう。

 

救急の概要

2019年中での救急車の出動件数は、過去2番目に多い15,585件となりました。

四日市消防本部では、近年出動件数が増加しています。
119番通報の際には、直ちに一番近くの救急車が管内の消防署から出動しますが、近くの救急車が出動している場合、他の消防署から出動するため、病院への到着時間が遅くなります。
そのため、救急車の適正利用をお願いします。

また自動車等を運転中に救急車が接近してきた場合は、周囲の状況に注意しながら進路を譲っていただき、救急車が一刻も早く病院に到着できるよう、ご協力をお願いします。

四日市市中消防署 中央分署 Tel 059-325-4717

消火器の耐用年数って知っていますか? 2019夏 (中消防署中央分署)

ラブちゃん

消火器の外観に記載されている、耐用年数(各消火器メーカーが定めている)を確認したことはありますか?

消火器にも寿命があり、適切に利用できる期間があります。
耐用年数を過ぎていると、いざという時に使用できない場合や破裂して大事故につながる恐れもあります。
※約10年で交換のところが多いです。

消化器の耐用年数

 

b simple 37 1S

消火器の処分方法については下記を参考にしてください。

消火器の処分方法について

ごみガイドブック (PDF ※7MB)

消火器の使い方 (四日市市消防本部)

中消防署 中央分署 TEL:059-325-4717

中消防署中央分署からのお知らせ 2019春

ラブちゃん

火災発生概要

平成30年中の火災は110件で、前年の93件と比較して17件の増加となりました。

平成29年中は「枯草、ごみ集積場などの火災」が最も多く発生したのですが、例年、火災の全件数の半数以上を「建物」火災が占めています。
平成30年中の火災種別では、「建物」火災が63件で全体の(57%)で最も多くなりました。
「建物」火災の内、住宅(共同住宅等を含む)が、28件と前年の11件と比較して17件増加となりました。

出火原因

出火原因は、「放火」(放火の疑いを含む)が18件で、5年連続の第1位となっています。
次いで、「たばこ」が10件、「たき火」 が7件となっています。

火災を事前に防ぐために

出火原因第1位である「放火」を事前に防ぐことは難しいことですが、家の周りにごみ等の燃えやすいものを置かない、物置や倉庫は鍵をかけるなどの対策を取りましょう。

また、「たばこ」による火災は、たばこを吸った後の不始末によるものです。
たばこの火が完全に消えたことを確認することを心がけましょう。

空気が乾燥している日が続いています。
火災が発生しやすい環境下にありますので火の元には十分注意してください!

野外焼却は法律で禁止されています

「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」により野外焼却は禁止されています。

庭先や空き地などでごみを焼却すると、ダイオキシン類など人体に有害な物質が発生したり、煙や悪臭、灰によりご近所に迷惑をかけます。
家庭では、ごみは燃やさずに、分別してごみ集積場に出しましょう。

連絡先:四日市市中消防署 中央分署 Tel 059-325-4717