四日市市県地区まちづくり委員会

市内消防・防災

四日市市消防本部からのお知らせ 2021春

ラブちゃん

春の火災予防運動
 3/1~3/7

その火事を
防ぐあなたに 金メダル

 

火災の発生状況

令和2年中の四日市市、朝日町、川越町で発生した火災は90件です。
このうち建物火災が50件で、主な出火原因は、放火(疑い含む)、たき火、たばこになります。

 

住宅火災 いのちを守る 7つのポイント

≪3つの習慣≫

  1. 寝たばこは、絶対にやめる。
  2. ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。
  3. ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。

≪4つの対策≫

  1. 逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置する。
  2. 寝具、衣類及びカーテンからの火災を防ぐために、防災品を使用する。
  3. 火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器などを設置する。
  4. お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる。

 

 

四日市市消防本部公式チャンネル

当消防本部ではホームページ内にYouTubeチャンネルを開設し、様々な広報用動画を配信しています。

現在、消火器の取扱いをはじめ、消防用設備の取扱い動画を配信しております。
コロナ禍で集まっての訓練が困難であるため、広報用動画を参考にして下さい。

https://www.youtube.com/channel/UCamPmftadFCPlONeodrqJmw

QRコード

お問い合わせ 四日市市消防本部予防保安課
(TEL: 059-356-2010、FAX: 059-356-2041)

 ※「住宅防火 いのちを守る 7つのポイント」のイラストが、総務省消防庁ホームページ住宅防火関係
(https://www.fdma.go.jp/relocation/html/life/juukei.html)から入手でき、活用可能です。

『脳卒中』とは

脳卒中は頭の中の血管に起こる病気で「がん」「心筋梗塞」「肺炎」についで、日本人の死亡原因の4位となっています。

死亡原因では4位ですが、寝たきりになってしまう原因としては、1位の病気です。

アレッ?おかしいと思ったら“動かしてはいけない”は間違いです。

できるだけ早く救急車で専門の病院へ行く!!
一番症状にあった治療法を速やかに受けることが重要です。

「ACT F・A・S・T」アクトファスト(素早い行動)
「顔」「腕」「言葉」で脳卒中を簡易判断しよう

「顔」「腕」「言葉」で脳卒中を簡易判断しましょう

Face(顔) : うまく笑顔が作れますか?
Arm(腕) : 腕を上げたままキープできますか?
Speech(言葉) : 短い文がいつも通りしゃべれますか?
Time(すぐ受診) : 症状に気づいたら、すぐに119番を!

■脳卒中?「顔」「腕」「言葉」すぐ受診

ひとつでも突然これらの症状が出たら脳卒中である可能性は70%だと言われています。

病院では「t-PA」(血液のかたまりを溶かす薬)を使用できます。
この薬は発症後4時間半以内という時間制約があります。
(使用に適さない場合もあります)
そのためには、少しでも早く病院に搬送する必要があります。

中消防署中央分署 059-325-4717

中消防署中央分署からのお知らせ 2020年度 冬

ラブちゃん

 

放火による火災

放火(放火の疑い)による火災は、全国的にも四日市市消防本部管内でも、毎年、火災原因の上位となっています。

放火(放火の疑い)による火災は、人通りが少なく、人目につきにくい時間帯、場所で多く発生していますので、
家の周りに燃えやすいものを置かないこと、建物の周りを明るくするなどに気を付け、
また、地域でも自衛意識を持っていただき、放火されにくい環境を作りましょう。

 

救急の概要

2020年中での救急車の出動件数は13,603件で、新型コロナウイルス感染症の影響により前年と比較して1,982件の大幅な減少となりました。

四日市消防本部では、近年出動件数が増加しています。
119番通報の際には、直ちに一番近くの救急車が管内の消防署から出動しますが、近くの救急車が出動している場合、
他の消防署から出動するため、病院への到着時間が遅くなります。
そのため、救急車の適正利用をお願いします。

また自動車等を運転中に救急車が接近してきた場合は、周囲の状況に注意しながら進路を譲っていただき、
救急車が一刻も早く病院に到着できるよう、ご協力をお願いします。

四日市市中消防署 中央分署 Tel 059-325-4717

ローリングストック ~食べながら備える

ローリングストック」とは、普段の食生活に非常用の食材の備蓄を取り込むことです。

普段から少し多めに食材や加工品を買っておき、賞味期限の切れる前に消費し、その分を買い足して、常に一定量の食材を家にストック(備蓄)しておくものです。

ローリングストック

出典「災害時に備えた食品ストックガイド(2)」
農林水産省(https://www.maff.go.jp/j/zyukyu/foodstock/chapter02.html) より加工して作成

 

ラブちゃん常にストック食材が多めにある状態をキープしながら循環させるので、賞味期限切れの無駄がなくなります。
ストック食材を積極的に使いましょう!

※非常時には流通が滞り、被災地に十分な物資や食料が行き渡らないことも考えられます。
そんな状況に備えて、普段からローリングストックをすることが重要です。

※詳細は、農林水産省HP「災害時に備えた食品ストックガイド」を参考にして下さい。

 

四日市市中消防署 中央分署 Tel 059-325-4717

接近してませんか!? 緊急車両 2021年春

ラブちゃん消防自動車救急自動車は、一刻も早く火災などの災害現場に急行して消防活動を行い、被害を最小限に食い止めたり、
また、応急処置を行い、急病人などを速やかに病院へ搬送しなければなりません。

このため、消防自動車等は、緊急時に迅速に通行するため、道路交通法では「緊急自動車」として、
一般の車両よりも優先して走行することが認められています。

消防自動車等の円滑な緊急走行のために市民の皆さん一人ひとりのご理解とご協力をお願いします。

緊急自動車の優先(道路交通法第40条)

■交差点では…
交差点付近では、交差点を避け道路の左側に寄って一時停止して下さい。

■高速道路などでは…
本線車線に入ろうとしているときは、これを妨げないようにして下さい。

■狭い道路では…
狭い道路などで停車をする場合は、消防車等が横を通過できる場所まで移動してください。

 

<道路交通法第40条>
交差点又はその附近において、緊急自動車が接近してきたときは、路面電車は交差点を避けて、車両(緊急自動車を除く。
以下この条において同じ。)は交差点を避け、かつ、道路の左側(一方通行となっている道路において
その左側に寄ることが緊急自動車の通行を妨げることとなる場合にあっては、道路の右側。次項において同じ。)に寄って一時停止しなければならない。
2 前項以外の場所において、緊急自動車が接近してきたときは、車両は、道路の左側に寄って、これに進路を譲らなければならない。

※緊急車両は1台とは限りません。
何台か続けて走行していることもあります。緊急走行している後続車両にもご注意下さい。

 kinkyu car201711b

連絡先:四日市市中消防署 中央分署
TEL:059-325-4717

 

石油ストーブ・石油ファンヒーターを安全に使用しよう 2020 冬 (中消防署中央分署)

ラブちゃん

なんと石油ストーブ・石油ファンヒーターの事故5年間で57人も死亡しています。
(2014年度から2018年度の5年間に、NITE(ナイト)に通知のあった製品事故情報)

これらの事故はこの時期から増え始め、1月頃にピークを迎えます!

原因として、ストーブへの給油時に灯油がこぼれて火災になる。
間違えて給油したガソリンに引火する。
使用中に可燃物が接触して発火する等の事故が発生しています!!

石油ストーブ・石油ファンヒーターによる住宅の全焼や死亡事故の多くは、使い方が原因で発生しています。

空気が乾燥して火災になりやすい冬場を迎えている中、以下のポイトを注意しましょう!!

 

■石油ストーブ・石油ファンヒーターの事故を防ぐポイント!

給油する前に必ず消火する。
給油後は、給油口キャップをしっかりと締め、灯油が漏れないことを確認してから本体にセットする。

給油時の注意事項

○灯油は、灯油用ポリエチレンかん(以下、「ポリタンク」という)などの専用容器に入れ、ガソリンと別の場所で保管する、ラベル表示で区別するなど、
誤給油を防ぐための対策を徹底する。

誤給油を防ぐための対策を徹底しましょう

 

〇周囲に可燃物などを置かない。特に衣類などを乾かさない。

〇就寝する前に必ず消火し、完全に消えたことを確認する。

石油ストーブで衣類を乾かすのは危険です!

 

中消防署 中央分署 TEL:059-325-4717

忍び寄る複合災害

ラブちゃん毎年のように日本列島に甚大な被害をもたらす台風や大雨
本年も台風のシーズンがやってきました。

しかし、本年は例年と違い「withコロナ」として台風&大雨対策が必要となっています。
ではコロナ禍の災害時どのように備えて、どのような行動をすればよいのかを紹介していきます。

新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災害時には、危険な場所にいる人は避難することが原則です。
事前にハザードマップを確認し、自宅での安全が確保されているかを確認しましょう。 

以下に、皆さんが避難しようとする際に知っておいて頂きたいポイントを5つ挙げます。

  1. 安全な場所にいる場合は避難場所に行く必要はありません。
  2. 避難先は小中学校・公民館だけではありません。安全な親戚・知人宅に避難することも考えてみましょう。
  3. マスク・消毒液・体温計が不足しているので、自ら携行しましょう。
  4. 市町村が指定する避難場所、避難所が変更・増設されている可能性があります。
    災害時のために市町村ホームページ等で確認しましょう。
  5. 豪雨時の屋外の移動は車も含め危険です。
    やむをえず車中泊をする場合は、浸水しないよう周囲の状況等を十分確認して下さい。

出典:内閣府「新型コロナウイルス感染症が収束しない中における災害時の避難について

換気・消毒・検温

四日市市中消防署 中央分署 Tel 059-325-4717