日頃は県地区のホームページ「あがた」をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

ただいまシステムメンテナンスのため、記事の更新を一時停止いたしております。

「おしらせあがた」のPDF版は随時更新しておりますので、ご利用ください。

https://www.yk-agata.com/kurashi/oshirase/oshirase-new.pdf

 

皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

あがたホームページ作成委員会

どうぞよろしくお願いいたします。

 

ラブちゃん

秋の火災予防運動 11月9日~15日

『お出かけは マスク戸締り 火の用心』

 

これから火災が発生しやすい時季を迎えます。

様々な火災の中でも、特に住宅で発生する火災で多数の死者が出ており、その出火原因は生活する上で身近にある物が多く占めます。

この機会に家族の皆様で住宅火災から命を守る為の対策をご確認ください。

 

住宅火災 いのちを守る 10のポイント

≪4つの習慣≫

  1. 寝たばこは絶対しない、させない。
  2. ストーブの周りに燃えやすいものを置かない。
  3. こんろを使うときは火のそばを離れない。
  4. コンセントはほこりを清掃し、不必要なプラグは抜く。

 

≪6つの対策≫

  1. 火災の発生を防ぐために、ストーブやこんろ等は安全装置の付いた機器を使用する。
  2. 火災の早期発見のために、住宅用火災警報器を定期的に点検し、10年を目安に交換する。
  3. 火災の拡大を防ぐために、部屋を整理整頓し、寝具、衣類及びカーテンは、防炎品を使用する。
  4. 火災を小さいうちに消すために、消火器等を設置し、使い方を確認しておく。
  5. お年寄りや身体の不自由な人は、避難経路と避難方法を常に確保し、備えておく。
  6. 防火防災訓練への参加、戸別訪問などにより、地域ぐるみの防火対策を行う。

 

住宅用火災警報器(住警器)を点検しましょう

住警器 ちゃんと作動しますか?

住宅用火災警報器(住警器)があると火災が発生した際に早期発見することができます。

 

いざというときに正常に作動するように点検ボタンを押すなどして点検しましょう。
異常を知らせる音声等が鳴った場合は機器の交換をお願いします。

お問い合わせ 四日市市消防本部予防保安課
(TEL: 059-356-2010、FAX: 059-356-2041)

絵本

タイトル作者
さかながはねて 中川ひろたか
ねこいる! たなかひかる
ねずみくんのチョッキ なかえよしを
ふたごのたこたこウィンナー 林木林
パンどろぼう おにぎりぼうやのたびだち 柴田ケイコ

 

一般書籍

タイトル作者
「あの人がいるだけで会社がしんどい……」がラクになる
職場のめんどくさい人から自分を守る心理学
井上智介
おいしいごはんが食べられますように 高瀬隼子
カレーの時間 寺地はるな
きまぐれな夜食カフェ マカン・マランみたび 古内一絵
子宝船 きたきた捕物帖(二) 宮部みゆき
さよならの夜食 マカン・マランおしまい 古内一絵
沈黙のパレード 東野圭吾
ヘパイストスの侍女 白木健嗣
幸村を討て 今村翔吾

※貸出期間は2週間です。
※新刊本は、1階事務所内図書コーナーにあります。
※新刊本はおひとり様3冊まで、新刊以外は5冊まで借りられます。
※新刊本には、背表紙に赤丸のシールが貼ってあります。

寄せ植えのコツとテクニックを学んでみませんか。

 

☆日時::12月2日(金) 3日(土) 両日とも10時〜

☆場所:藤波農園ビニールハウス内  (平尾町栄 3233)

☆定員:各日25名

☆持ち物:マスク、園芸用手袋、作業できる暖かい服装

☆材料費:1,500 円((花苗、鉢、培養土等)
 お釣りのいらないように準備をお願いします。

☆受付開始:11月4日(金) 9:00から

☆申込み:県地区市民センターまで
TEL:059-326-0001

花の寄せ植え

※県地区在住の方のみ、ご参加いただけます。申込時にお名前・連絡先・町名を伺います。
※申し込み後にやむを得ずキャンセルする場合は必ずご連絡をお願いします。
※当日欠席された場合、材料のお渡しはできません。

 

新型コロナウイルス感染防止のため、当日は必ずマスクを着用し、次の方は参加をご遠慮ください。

・発熱や咳症状のみられる方
・高齢や基礎疾患をお持ちの方で感染リスクを心配される方

今年もコロナ禍を考慮し、昨年同様規模を縮小した総合防災訓練を実施しました。

地域住民には「黄色いハンカチ作戦」として、各家庭の目立つところに黄色いハンカチを掲示して頂き、各地区の組長が掲示数を確認し、
自治会長が市民センターに安否確認の情報伝達訓練として、無線機を使用して掲示数を報告しました。

無線機を使用した情報伝達訓練の様子黄色いハンカチの掲示黄色いハンカチの掲示

県地区全体の掲示率は、昨年より2%上昇し79%になりましたが、地区によって掲示率に差があることも課題です。

黄色いハンカチ作戦」は、災害時、助ける人をいち早く見つける為に、大きな役割を果たします。
毎年の訓練の際に同じ場所に掲げることで、もしもの時の異常を発見することが出来ます。
皆さんも、自分の家の黄色いハンカチの場所だけでなく、ご近所のハンカチの場所を訓練の際には目に止めておいていただければと思います。

「防災講演会」

 

続いて、自主防災協議会と各種団体の代表者に参加者を絞った「防災講演会」が、大池中学校の体育館にて行われました。

四日市大学副学長の鬼頭浩文先生をお迎えし<大規模災害で県地区はどうなるのか~自主防災組織の必要性~>をテーマに、
お話頂きました。

はじめに、四日市大学の社会貢献活動として、学生による災害ボランティア活動の様子をスクリーンに映して説明され、
東日本大震災や熊本地震での被災地の様子やボランティアとしての支援内容を話されました。

その後、県地区の避難所の場所と収容人数を具体的に示され、収容能力が十分でないことや、
災害発生後の状況などを教えていただきました。

「防災講演会」の様子「防災講演会」の様子

参加者アンケートより
「東日本大震災の被災地、東松山でのボランティア活動の実体験のお話が大変印象に残りました。
津波後の泥の悪臭などテレビなどでは、あまり報道されていない状況を見て身が引き締まる思いでした。」
「県地区内での避難施設では十分に緊急時に対応できないことがわかった」
「地区以外からの避難者の備えが必要という事を改めて知る事が出来た」などの声がありました。

赤ちゃんへの読みきかせをする時のちょっとしたコツは?
どんな絵本を選んだらいいの?

そんな人のための、大人向け講座です

日時 令和4年11月27日(日) 午前10時~11時30分
場所 四日市市立図書館 3 階会議室
講師 図書館職員
対象 市内在住の中学生以上の人
定員 10 人 (応募多数の場合は抽選)
内容 家庭での乳幼児への読み聞かせのコツ、本の選び方
受講料 無料
託児 なし(子ども同伴不可)
申込方法 窓口、申込フォームまたはハガキ窓口の場合は、図書館職員にお声がけください。
ハガキの場合は、住所、名前、電話番号、ご自身の年代(30代など)を記入の上、下記のあて先まで送付ください。
締切 11月9日 (水)

問い合わせ・あて先
〒510‐0821
四日市市久保田1丁目2-42
四日市市立図書館
「読み聞かせ入門はじめのいっぽ!」係
TEL:352-5108 FAX:352-9897
E-mail:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
申込みフォーム:https://logoform.jp/form/7p72/136594

★この講座は、状況により 中止になる場合があります。

読み聞かせ入門

令和4年度 第60回四日市市高齢者福祉大会が、9月23日に四日市市文化会館第2ホールで開催されました。

県地区からは1団体が表彰されました。

 

上海老長寿会さん おめでとうございます!

表彰おめでとうございます!