今年は4月4日(土)に「竹谷川桜まつり」が予定されております。(小雨決行)

いつもは、「竹谷川の蛍と桜を守る会」の皆さんと「竹谷川を愛する会」の皆さんが定期的に清掃をしてくださっています。
桜まつりを盛り上げるためにも、竹谷川清掃に参加しませんか?

 

日時 : 3月8日(日) 8時半~ 1時間程度

場所 : 黒橋まわりから5号橋にかけての「桜まつり会場」付近

 

作業内容 : 草刈り・ゴミ拾い (各自ゴミ袋や軍手をお持ちください)

竹谷川清掃活動の様子

 

 

条例の概要

お問合せ先:四日市市役所 市民生活課 TEL:059-354-8146
 

表彰おめでとうございます

四日市ドームで、令和2年四日市市消防出初式が開催さました。

県分団からは、日頃のご尽力に対して次の方々が表彰されました。

表彰おめでとうございます!

b simple 59 0M

~出初式で見事な演技を披露されました~

出初式は、消防操法競技大会今年度優勝の県分団から高木基博さんが先導車で団旗を掲げ、車両分列行進で始まりました。
副分団長の 川田 真司( かわた しんじ ) さん統括の下、加藤 文太 ( かとう ぶんた ) さん(登上)、加藤 光章 (かとうみつあき) さん(ロープ確保)が見事なはしご登りの演技を披露され、日頃の訓練の成果を発揮していただきました。

表彰式の様子
表彰式の様子
出初式の様子
県分団が先導車
はしご登り演技披露
出初式の様子

生活援助を行える実施者募集!

(1) 半日程度で週1回~月1回の生活援助を行える人

(2) 徒歩範囲内の生活援助を行える人

(3) 自動車運転を活かした生活援助を行える人

(4) 依頼者の個人情報を口外しない、律儀で世話好きな人

生活援助をして欲しい依頼者の方

有償 生活援助 内容15分
100円
☆    ペットボトル・可燃物 ごみ出し
☆    資源・破砕・粗大 ごみ出し
ごみは分類して、一か所に集めてください。
「月1回」程度のごみ出しも受付けます。
   
☆    病院・買物・外出等の付き添い 30分
300円
病院への往復の付き添いのみの場合、上限を900円とします。
院内での援助を含む付き添いの場合、上限を1800円とします。
☆    敷地内の草取り・草刈り・庭掃除
・雑草と植木の根本・枝の除去まで実施します。
・ごみ袋と屋外水道水をご準備ください。
☆    室内清掃・電球交換・小修理など

 

※ ご不明な点は問合せ先までお電話ください。

(後援)県地区社会福祉協議会
◎お問合せ 090-3587-5963 萩 宣彦

(仮事務所)あがたが丘集会所
◎お申込み 080-4090-7684 岸田 英勝

地域でで支え合いましょう

~ いつもありがとうございます! ~

毎日、登下校時に通学路に立ち、子ども達の安全確認を継続しています。

毎日、登下校時に通学路に立ち、子どもたちの安全確認を継続しています。

交通安全協会県支部、県小PTAの皆さんによる登校時見守り活動

毎月11日に、四日市西地区交通安全協会県支部の役員の皆さんが、登校時見守りを実施しています。
県小学校PTAの保護者の皆さんも、定期的に見守りを続けています。

安全安心まちづくりの会の皆さんによる車でのパトロール

安全安心まちづくりの会では、各種団体の代表者や防犯委員による車でのパトロールを行っています。

あがた保育園 「なかよしひろば」9:30~14:30

0 歳 の お 友 だ ち

水曜日 2/5・12・19・26

1歳以上のお友だち

火曜日 2/4・18・25
金曜日 2/7・14・21・28

 

※4日(火)・5日(水)「身体測定」
※7日(金)「でこぼこ冒険隊」10:45~11:30頃
※12日(水)「保健師相談」10:00~11:30(受け付け11:15まで)
※18日(火)絵本とピアノのコラボ10:30~11:00

※「お父さんとあそぼう」(土) 9:30~11:00 開催
1日・8日・15日・22日・29日

たのしくあそぼう!

本年度のまちづくり委員会主催の視察研修は、11月28日に県地区各種団体の皆さん36名で、京都市市民防災センターと永観堂禅林寺へ行きました。

最近は台風等の災害も多く、近年の調査では県地区にも活断層があることが判明し、直下型大地震や台風に備えた「防災意識の向上」が今回の研修の目的です。今回見学した防災センターは、最新の技術を取り入れた様々な体験プログラムがあり、災害時に不可欠な防災知識や行動を「見て」「聴いて」「触れて」「感じる」ことが出来る施設です。

その中で、私達は映像による災害体験・台風時の強風体験・大地震体験の研修を行いました。
映像による防災体験では、京都で起こった地震をはじめ、様々な災害の歴史の恐ろしさを見ることができました。
強風体験では、強風の中で立っていることの難しさや、気をつけること等を学びました。
地震体験では、最大震度7の横揺れを体験しました。

地震が起こった時に大切なことは、まず自分の身を守るために「頭・肩を守ること」です。
出口を開ける・ガスの元栓を閉める・電源のブレーカーを落とす等の行動は、一旦揺れが落ち着いてからとのことでした。

京都市市民防災センターにて全員写真 2019年11月28日(木) AM

防災センターで研修後は、京料理の昼食をいただき、永観堂禅林寺へ行きました。
もみじの紅葉がすばらしく感動的で、みかえり阿弥陀さまのお姿を拝観し、自分自身を省みる心と、他人を思いやる心の大切さをより深くしました。

帰路の車中では、防災や県地区に関する〇×クイズで盛り上がり、この研修で様々なことが参加者全員で共有でき、さらに連帯感を深めることができました。

この研修で得た知識を生かして、今後のあがた防災や地域の安全安心の糧となる活動を、各種団体と協力して、これからも継続していきたいと思います。

(県地区女性防災クローバー武田良子)

防災の基本について受講中永観堂の紅葉を背景に