学校の異動

よろしくお願いします

副館長

近藤 秀昭 ( こんどう ひであき )

(市立四日市病院医事課から)

ごあいさつ

お世話になりました

副館長

渡部 恵美 ( わたなべ めぐみ )

(総務課へ)

 

「竹谷川の蛍と桜を守る会」 代表 石崎治良さん

今年も満開の桜が私たちの目を楽しませてくれています。

竹谷川に架かる橋の上から舞い散る花びらとともに桜を見るのが私のお気に入りです。
川を流れる花びらもまた風情を感じます。

もしも、そんな川にゴミが捨てられていたら・・・。

竹谷川の桜

桜の開花にはまだ少し早い3月の第3日曜日の朝、毎月定期的に清掃作業を行っている「竹谷川の蛍と桜を守る会」の活動に参加しました。

赤水橋から五号橋の間の枯れ草刈りとゴミ拾いを行います。
堤防の斜面をバランスを取りながら草を刈る男性陣、私は川沿いの道のゴミを拾う女性の方と共にゴミを集めました。

「竹谷川の蛍と桜を守る会」の皆さんによる清掃作業の様子

水草の近くに留まる捨てられたペットボトルを発見し、まだ寒さの残る中、川に落ちては大変と慎重に堤防を下りていきました。

火ばさみを使って、飲み残しのペットボトルを引き上げ、残ったお茶を捨ててからゴミ袋に入れます。
5,6本のペットボトルや缶を集め堤防を上がっていると、上にいる高齢の女性から「たばこが捨てられとるで、拾ってこれる?」と声をかけられました。

堤防の中ほどにたばこの吸い殻がいっぱいに詰められた袋が落ちています。
慎重にまた斜面を下ると、袋が破れて吸い殻が散乱しています。
『なんで、こんなとこに捨てていくの~?』と腹も立ちますが、一本、一本拾い集めているうちに、『川に流れていく前に集めることが出来て良かった』と思う気持ちになってきました。

竹谷川は、桜の時期がすぎると初夏には蛍の姿を見ることのできる水のきれいな川です。
たくさんの吸い殻が川に流れてしまえば、蛍の産卵にも影響を与えるかもしれません。
1時間ほどで集まったゴミを分類し、枯草の処理をして作業は終了です。

平成17年から続くこの活動のおかげで私達は桜や蛍を楽しむことができるのでしょう。

地区にはさまざまな団体や組織があります。
新しくあがた地区に転入された人などに、地域の活動を知ってもらえるきっかけになればと思い不定期で記事を書かせていただきます。
取材先も随時募集中です。

(1) 期間 令和4年4月から令和5年3月までの毎月2~3回(午前中)
(2) 場所 天然記念物 御池沼沢植物群落東部指定地(西坂部町) 大池中学校 南東約 350m
(3) 内容 除草作業や生育している植物に関する学習会
(4) 説明会 お申込後、担当より日程調整させていただきます。
(5)  申し込み 4月15日(金)までに、応募用紙を社会教育・文化財課へ、メール、ファックス、郵送、あるいはご持参ください。
応募用紙は、以下のリンクからダウンロードしていただくか、
社会教育・文化財課(4月1日からはシティプロモーション部文化課)までご連絡ください。
 令和4年度 御池沼沢植物群落環境保全ボランティア応募用紙(PDF、79KByte)

問合せ:四日市市教育委員会 社会教育・文化財課
電話:059-354-8238
Fax:059-354-8308(3月31日まで)
059-354-4873(4月1日から)
メール:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

場所 :天然記念物 御池沼沢植物群落東部指定地(西坂部町) 南西角駐車場付近
ノハナショウブ(6月頃)
ノハナショウブ(6月頃)

時間 13:30 ~ 15:00
場所 県地区市民センター 2階 大会議室
対象 おおむね 65 歳以上の市民の方
持ち物 マスク・タオル・飲み物
  ※動きやすい服装でお越しください。
  ※申し込み・参加費は不要です

【主催】 健康ボランティア 四日市市ヘルスリーダーの会

参加するにあたって、以下のことにご理解いただきますようお願いします。
※マスクの着用や、水分補給をお願いします。
※発熱や咳等の風邪症状がみられる方・基礎疾患をお持ちの方で、感染リスクを心配される 方は参加を控えていただくようお願いします。

運動とレクリエーションで楽しみながら、介護予防をめざしましょう!

【問い合わせ先】
四日市市高齢福祉課
TEL:059-354-8170

 

☆令和4年度 イキイキ教室 開催予定日

  • 4月19日(火)
  • 5月17日(火)
  • 6月21日(火)
  • 7月19日(火)
  • 9月20日(火)
  • 10月25日(火)
  • 11月15日(火)
  • 12月20日(火)
  • 1月17日(火)
  • 2月21日(火)
  • 3月28日(火)

運動とレクリエーションで楽しみながら、 介護予防をめざしましょう!

練習日程

  • 4月2日 (土)
  • 4月16日 (土)
  • 5月21日 (土)
  • 6月4日 (土)
  • 6月18日 (土)
  • 7月2日 (土)
  • 7月16日 (土)
  • 8月6日 (土)
  • 8月20日 (土)
  • 9月3日 (土)
  • 9月17日 (土)
  • 10月1日 (土)
  • 10月15日 (土)

毎月第1・第3土曜日 19時~21時 5月は連休中の為1回のみ

場所:大池中学校体育館

健康づくり 体力づくり みんなでさわやかな汗を・・・

興味のある方は、一度見学にいらしてください。
※多くのご参加をお待ちしています。

主催:県地区社会福祉協議会 体育部
問い合わせ:県地区市民センター(059-326-0001)

ファミリーバドミントン

アナフィラキシーショックとは、何かしらのアレルゲンなどに対して全身性のアレルギー反応が引き起こされ、血圧の低下や意識状態の悪化が出現した状態を指します。

アナフィラキシーショックが生じた際には、迅速な治療が必要です。
また、一度アナフィラキシーショックを起こしたことがある方は、再度同じ原因物質に曝露されることで同じように非常に重い症状を起こします。

アナフィラキシーの原因となるもの

・薬剤(抗菌薬、解熱鎮痛剤、局所麻酔薬、造影剤、輸液製剤など)
※投与経路にかかわらず起こし得る
・食物(小麦、卵、乳製品、そば、海産物など)
・刺咬症(ハチ、ムカデ、ハムスターなど)
※ハチ刺傷ではハチ毒に含まれる酵素類がアレルゲン
・ゴム手袋などに用いられるラテックス等

アナフィラキシーショックについて

上記の症状が出た場合、速やかに病院を受診する必要があります。
また、症状が重い場合は迷わず直ちに救急車を要請しましょう。

 

中消防署中央分署 059-325-4717