「グリーンパーク岡山を愛する会」の視察研修報告

研修実施日:令和3年11月25日(木)晴
研修参加者:岡山を愛する会会員及び関係者16名
研修先:比叡山延暦寺、琵琶湖博物館、近江八幡

比叡山延暦寺

★今年は延暦寺1200年大遠忌にあたり特別拝観が開催されていました。
歴史上初めて一般公開された「戒壇院」では、暗闇の中で黄金の光を放ち立つ仏像が荘厳で印象的でした。

★「国宝殿」では、織田信長の焼き討ちから必死に守ったが、焼け焦げてしまった仏像が並んでいました。
当時の絵図から歴史に残る惨事の様子を観て学びました。

★大改修中の「根本中堂」では、開祖以来消えることなく灯り続けている「不滅の法灯」を拝観し、
文化を伝承するための本堂大改修工事の内部も見学することができました。

★「開運の鐘」をつき、垂直に近い階段を上り知恵を授かる「文殊楼」も参拝しました。

2020 12b003

琵琶湖博物館

★博物館内にあるレストランで、地元食材の昼食をいただきました。
前面に広がる琵琶湖の景観がレストランの自慢でしたが、最近は琵琶湖の水位が1m近く下がり、景観も変わってしまったそうです。

★琵琶湖は、400万年という歴史をもつ古代湖で、200種以上の生き物が暮らしており、
人間も古くから湖の周りで豊かな湖の恩恵をうけながら、伝統的な暮らしをしてきたことを観て学びました。

★水族館では、優雅に泳ぐ淡水魚の世界を観ながら、我々も湖中を散策しているかのような感じでした。
人類の文明をいかに駆使しても、自然界の優雅さにはかなわないです。

2020 12b001

近江八幡

★桃山時代に八幡城の建造時に造られた水路「八幡掘」と、その大動脈により城下町と共に栄えた近江商人の「街並み」を散策しましたが、コロナで観光客の激減により景観も少し疲れているように見えました。
観光地の景観が少しでも元気になる手助けになることを願いながら、我々もおみやげを購入して帰路に着きました。

 

<最後に>

今回の研修先は、先方にコロナ等で迷惑のかからないように里山活動地を外し、一般的な場所から選択しました。
里山活動と直接関係のないと思われた場所で、歴史・文化の伝承・今後の環境課題等を学習しましたが、里山との共通点も多くあります。
岡山も1200年位前から古窯文化が始まり、昭和時代までは里山として重宝されてきた歴史があるし、
これから環境問題が重視され、里山が再び脚光を浴びる時代が到来するとも思いました。 (事務局藤波義勝)

11月28日(日)県地区社会福祉協議会主催の「歴史ミニロゲイニング」が行われました。

前日の冷たい北風は何だったのか、素晴らしい快晴の中、参加者はチームごとに、県地区内にある指定されたチェックポイントを徒歩でまわり、行ったことを証明する写真を撮ってロゲイニングを楽しんでいました。

当日使用した地図
当日使用した地図
チェックポイント一覧
チェックポイント一覧
元気にスタート!
"元気にスタート!
好きなルートで行けます
好きなルートで行けます
参加者全員集合
参加者全員集合
みんなでカウントダウン
みんなでカウントダウン
作戦会議中
作戦会議中
悩まされた人が多かった 緯度経度の表示盤
悩まされた人が多かった 緯度経度の表示盤
ゴールに一番乗り
ゴールに一番乗り
何がもらえたかな
何がもらえたかな
乗りたくなりますよね
乗りたくなりますよね

ゴールの後には獲得されたポイント順に賞品の贈呈があり、 県地区内で購入できる商品が手渡されました

※ロゲイニングとは地図を使って多数設置されたチェックポイントをできるだけ多く制限時間内に まわり、得られた点数を競う野外スポーツです。

 

県小学校正門前の地域連携花壇で、秋の花苗植えが行われました。

さわやか会・あがたグリーンガーデンの会の皆さん・県小PTAが準備を手伝い、学年ごとに区分けした場所に「よく咲くスミレ」を植えました。
毎年、花の苗を植えている児童は、学年が上がるごとに手際よくポットから苗を取り出し、花壇に植えていました。
1年生は6年生に教えてもらいながら、花の苗植えを体験しました。

植えられた花々は、しっかり根づいて通行人の目を楽しませてくれるでしょう。

地域連携花壇の花苗植え
植え終わった花壇の様子

地区にはさまざまな団体や組織があります。
新しくあがた地区に転入された人などに、地域の活動を知ってもらえるきっかけになればと思い不定期で記事を書かせていただきます。
取材先も随時募集中です。

小学校 郷土学習」 県小学校 3年生 in グリーンパーク岡山

「おじいさんは、しばかりに行きました。」
さて、「しばかり」と聞いて、おじいさんのどんな姿が思い浮かびますか。
昔話の世界?機械を使って芝生をきれいにしている姿?
ひとことで「しばかり」と言っても、昔と今では様子が違います。
昔といっても、わずか70年ほど前のことで、近くの山に「しばかり」に行かれた記憶のある方もみえるのではないでしょうか?

《グリーンパーク岡山》郷土学習の様子

《グリーンパーク岡山》の郷土学習は、このような子どもたちの興味を引くお話から始まります。
児童は『むかしのくらしと里山』のテーマで、グリーンパーク岡山の会員である地域の方から、岡山で実際に使用している道具や、ゴウと言われる松の落ち葉などを見せてもらいながらお話を伺います。
「ごうかき」の言葉の由来も、ここからきたことなど、取材している私も学べることばかりでした。

その後、「タケとササ」の違いについて実物を見ながら説明していただいたあと、定期作業で整備された敷地内で樹木の名前を聞いたり、植物を手に取ってみたりしながら自然とふれあいました。
児童は、カラスウリや瓢箪、珍しい形の葉っぱなどを集め、暖かい秋の日差しの中、楽しく《グリーンパーク岡山》について学び、会員の皆さんと交流しました。

野外学習の説明を毎年担当されている 山口副会長

 県小学校3年生では授業の中に、「郷土学習」という時間があります。
《グリーンパーク岡山》に続き、来月は《消防団県分団車庫》2月には《郷土資料館》の見学が予定されています。
地域について学び、郷土を深く知る機会として関係者の方にもお世話になっています。

今回も、会長・副会長をはじめ、会員のみなさんにご参加いただき、児童を迎える準備をしていただきました。
さらにこどもたちとの交流は地域の魅力を伝えるだけでなく、地域の人を知る機会となり、世代をこえたつながりが地域を温めてくれる気がします。

児童にタラヨウの葉を見せて回る 阿部会長(手前)と藤井副会長

帰りに、児童の一人が文字の書けるタラヨウの葉に、「ありがとう」のメッセージを書いて会員の方に手渡した姿が印象に残りました。
関係者の皆さん、お世話になりました。
来月以降の「郷土学習」でも、すてきな交流が生まれることを楽しみにしています。

 

令和3年度四日市市敬老功労者顕彰式典が、11月4日に四日市市文化会館第3ホールで開催されました。

県地区からはおひとり、1団体が表彰されました。

 

〇 四日市市老人クラブ連合会会長表彰
  下山 かつ子さん (あがたが丘二丁目)
〇 優良老人クラブ市長表彰
  下海老長寿会さん

 表彰おめでとうございます!

絵本

タイトル作者
とうもろこしぬぐぞう はらしままみ
よくみると・・・ shimizu
パンどろぼうとなぞのフランスパン 柴田ケイコ

 

一般書籍

タイトル作者
ヒルは木から落ちてこない。ぼくらのヤマビル研究記 樋口大良
※著者は県小学校の元校長先生。広報よっかいち11月上旬号の記事にもなりました。
ゆるませ養生 何だかしんどいを楽にする「自分を大切にする作法」 すきさん
ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー ブレイディみかこ
ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー2 ブレイディみかこ
透明な螺旋 東野圭吾
さよならも言えないうちに 川口俊和
元彼の遺言状 新川帆立

※貸出期間は2週間です。
※新刊本は、1階事務所内図書コーナーにあります。
※新刊本はおひとり様3冊まで、新刊以外は5冊まで借りられます。
※新刊本には、背表紙に赤丸のシールが貼ってあります。

三重県男女共同参画センター「フレンテみえ」が、性的少数者(LGBT)のためのLINEによるSNS相談窓口を開設しました。

「こころの性とからだの性が一致せずに悩んでいる」
「同性が好きなことを打ち明けづらい」

など、性の多様性に関することで悩まれている方はご相談ください。

周囲の方からの相談もできます。

●LINEによる相談
二次元コードを読み取り、「みえにじいろ相談」を友だち登録。

LINE による相談用二次元コード

●相談受付時間

毎月 第2金曜日 14:00~20:00
  第4日曜日 13:00~19:00


お問い合せ先:
三重県男女共同参画センター「フレンテみえ」
https://www.center-mie.or.jp/frente/
(TEL:059-233-1131)