四日市市県地区まちづくり委員会

介護予防・在宅介護支援

「食と運動の輪★すこやか倶楽部:高齢期の低栄養予防」のご案内

- 低栄養を予防し、活動的な生活を送りましょう -

ご存知ですか?高齢期の生活が不活発となる原因に低栄養状態が関係しています。

活動的な生活を送るには、適切な「食生活」と「運動」の両方に取り組むことが重要です。
すこやか倶楽部で食生活のお話や運動を体験し、活動的な生活を送るヒントを学んでみませんか?

日時 令和3年10月13日(水曜日)10:00~11:30
会場 県地区市民センター
対象 おおむね65歳以上の市民
講師 食生活のお話 「健康ボランティア 食生活改善推進員」
運動のお話・実技 「介護予防ボランティア ヘルスリーダー」
定員 30名程度(申込不要)
参加料 無料
持ち物 マスク、タオル、飲み物、筆記用具、運動しやすい服装でお越し下さい。
その他 発熱や咳などの風邪症状がある方、基礎疾患をお持ちの方で感染リスクを心配される方 は参加をお控えください。
また、新型コロナウイルス感染症の状況によっては、中止となる場合がございます。

問い合わせ
四日市市高齢福祉課
〒510-8601四日市市諏訪町1-5
TEL:059-354-8170
FAX:059-354-8280

food01

%MCEPASTEBIN%

介護予防ボランティア ヘルスリーダー養成講座のお知らせ

 - 地域デビューの入り口は、体のことから -

 ヘルスリーダーは、四日市市が養成している介護予防のボランティア団体です。
20~80歳代の150名を超えるヘルスリーダーが協力し合い、主に高齢者を対象として、地区市民センター等の身近な場所で運動やレクリエーションを行っています♪

日時 令和3年10月29日、11月5日、12日、19日、26日
全5回シリーズ (いずれも金曜日14:00~16:00)
会場 なやプラザ 第3音楽室 (四日市市蔵町4-17)
対象 受講後にヘルスリーダーとしてボランティア活動ができる方
講師 日本福祉大学 社会福祉総合研修センター 荒深裕規さん
内容 介護予防に関する講義や運動の実習など
定員 15名程度 ※応募多数の場合は抽選
参加料 無料
持ち物 マスク、飲み物、中履き、運動しやすい服装でお越し下さい。
申込み 10月15日(必着)までに、講座名、郵便番号・住所、名前(ふりがな)、年齢、電話番号を、はがき・電話・FAXのいずれかの方法で申込先へお知らせいただくか、ホームページの申し込みフォームまたは下記QRコードからお申し込みください。
その他 発熱や咳などの風邪症状がある方、基礎疾患をお持ちの方で感染リスクを心配される方は参加をお控えください。
また、新型コロナウイルス感染症の状況によっては、中止となる場合がございます。

ヘルスリーダー

〒510-8601 四日市市諏訪町1-5
四日市市役所 健康づくり課
Tel 354-8291 Fax 353-6385

住民主体サービス B 訪問型「あがたささえ愛」

生活援助を行える実施者募集!

(1) 半日程度で週1回~月1回の生活援助を行える人

(2) 徒歩範囲内の生活援助を行える人

(3) 自動車運転を活かした生活援助を行える人

(4) 依頼者の個人情報を口外しない、律儀で世話好きな人

生活援助をして欲しい依頼者の方

有償 生活援助 内容15分
100円
☆    ペットボトル・可燃物 ごみ出し
☆    資源・破砕・粗大 ごみ出し
ごみは分類して、一か所に集めてください。
「月1回」程度のごみ出しも受付けます。
   
☆    病院・買物・外出等の付き添い 30分
300円
病院への往復の付き添いのみの場合、上限を900円とします。
院内での援助を含む付き添いの場合、上限を1800円とします。
☆    敷地内の草取り・草刈り・庭掃除
・雑草と植木の根本・枝の除去まで実施します。
・ごみ袋と屋外水道水をご準備ください。
☆    室内清掃・電球交換・小修理など

 

※ ご不明な点は問合せ先までお電話ください。

(後援)県地区社会福祉協議会
◎お問合せ 090-3587-5963 萩 宣彦

(仮事務所)あがたが丘集会所
◎お申込み 080-4090-7684 岸田 英勝

地域でで支え合いましょう

あがた夢クラブ

H30.4月に、四日市市の住民主体サービスB事業(県地区)認定を取得しました。

介護予防体操を、一緒にしませんか?

時間 午前9時~11時
内容 月曜日 介護予防体操 ☆100才体操、脳トレ、口腔体操 、茶話会など
  木曜日 介護予防体操 ☆ラジオ体操、筋トレ、脳トレ、茶話会など
  (利用者が増えたら、火曜・水曜も開所の予定です)

場所:あがたが丘集会所
(運動ができる服装で、上靴と飲料水をご持参ください。)

会費:100円 / 一回 (茶菓子代他)

65才を過ぎると、心身の衰え(健康の質)が気になりませんか?
基本チェックリスト調査を受け、健康度合いを知り、健康づくりの時間を増やしましょう。

<キョウヨウ>今日は用事があるから、出掛けるヨ
<キョウイク>今日は行くところがあるヨ

気楽な所です。高齢者が交流・健康・生きがいを合言葉に楽しんでいます。
 
(問合せ先)あがた夢クラブ 代表 岸田
※連絡先は、市民センター 059-326-0001まで

みんなで楽しく介護予防体操

これからの介護 一緒に考え、動いてみませんか?(2018/9/6)

9月6日(木)、くぬぎの木在宅介護サービスセンターで、避けては通れない「認知症」について学びました。

迷子になった高齢者を見かけた時の対応の仕方など、寸劇を交えてわかりやすく教えていただきました。

 

介護講演会の様子介護講演会の様子

 

「みんなで学ぼう!コグニサイズ 2015/3/26

3月26日(木)県地区市民センター大会議室で、認知症予防の第一線で活躍する牧迫(まきざこ)氏による認知症・介護予防講座「みんなで学ぼう!コグニサイズ」が大盛況のも とに開催され、認知症への関心の高さが伺われました。

みんなで学ぼう!コグニサイズみんなで学ぼう!コグニサイズ

今や日本の高齢者約3000万人の中で推計462万人の方が認知症を発症しています。
また、予備群の方は、約400万人にのぼるといわれています。(参考例 国立長寿医療研 究センター)
この予備群の方は、適切なケアを受けないと5年後には半数の方が認知症に進むとの報告もあります。

そこで、今、認知症予防のために出来ること

  1. 1.適度な運動 少し息がはずむ程度、頭を使いながらの運動
  2. 楽しみのある生活 いろいろな趣味、新しいことにもチャレンジ
  3. 人との積極的な交流 地域活動に参加、いろいろな世代の人との交流
  4. バランスの良い食生活 塩分控えめ、お酒はほどほど、魚・野菜・果物を多く を少しでも続けることが大切です。

県地区では「認知症の予防につながる健康教室を定期的に実施しておりますので、是非ご参加 ください。

お待ちしております。

≪問合せ先≫健康づくり課(TEL:059-354-8291)

 

四日市市徘徊高齢者等SOSメール

登録にご協力をお願いします!!

徘徊とは、外出した際に自分がどこにいるのかわからなくなったり、家に戻れなくなったりすることです。
四日市市では、徘徊した認知症高齢者や知的・精神障害者が行方不 明になった時、早期に発見できるよう、その方の特徴などの情報をメール配信し、地域 の皆さんに情報提供や見守りなどのお願いをしています。

ぜひ、皆さんも登録にご協力 をお願いします。

四日市市徘徊高齢者等SOSメール 登録用QRコード

 

左のQRコードを読み取り、サイトに接続後、手順に従って登録して下さい。

読み取れない場合は、下記アドレスに空メールを送ってください。

⇒ 配信カテゴリで「徘徊高齢者等情報」を選択  t‐yokkaichi‐city@sg‐m.jp

 

お問合せ先:四日市市役所 介護・高齢福祉課 TEL:354-8170 FAX:354-8280

障 害 福 祉 課 TEL:354-8527 FAX:354-3016