四日市市県地区まちづくり委員会

健康づくり・保健

新型コロナウイルス感染症に伴うこころの傾聴電話のご案内

新型コロナウイルス感染症の拡大により、あらゆる世代の方が、健康問題だけでなく生活問題、経済問題など大きな影響を受けています。

そこで、だれにも話せない不安や心配を少しでも軽減していただけるよう、傾聴ボランティアの経験者による「こころの傾聴電話」を下記の通り開設します。
ぜひご利用ください。

開設日時: 令和2年9月1日~毎週月曜日、火曜日、金曜日(祝日は除く)
  午後1時から5時
電話番号: 059-354-8092

 

【問い合わせ先】
四日市市保健所 保健予防課 TEL:059-352-0596

熱中症予防について 2020年度

熱中症は、暑く湿った環境で過ごした時などに発生します。

熱中症を予防し、暑い夏を元気に 過ごしましょう。

 

  1. エアコンや扇風機を上手に使いましょう上手にエアコンや扇風機を使い、 部屋の中を涼しくしましょう。
  2. 「喉が渇いた」と感じる前に、こまめに水分補給をしましょう。
  3. 日頃から暑さに備えた体づくりやバランスのとれた食事、十分な睡眠といった体調管理を行いましょう。

四日市市 健康づくり課 TEL:059-354-8291

新型コロナウイルス感染症に関する各種相談窓口一覧

特別定額給付金に関するお問い合わせ
四日市市政策推進部新型コロナウイルス感染症対策室 059-327-5990

帰国者・接触者相談センター(感染の疑いのある場合の受診相談)
四日市市保健所 保健予防課 059-352-0594
(受付時間:9時00分~21時00分 土日・祝日も実施)
三重県救急医療情報センター 059-229-1199
(受付時間:21時00分~翌9時00分 土日・祝日も実施)

新型コロナウイルス感染症に関する電話相談窓口
四日市市保健所 保健予防課 059-352-0594
(受付時間:9時00分~21時00分 土日・祝日も実施)

外国人旅行者向けコールセンター(観光庁)
外国人旅行者向けコールセンター(観光庁) 050-3816-2787
(受付時間:365日、24時間/対応言語:英語、中国語、韓国語、日本語)

市立小・中学校の対応について
四日市市教育委員会教育総務課 059-354-8237

市立幼稚園、市立保育園、市立こども園、私立保育園、地域型保育事業所について
四日市市こども未来部保育幼稚園課 059-354-8087

学童保育所について
四日市市こども未来部こども未来課 059-354-8464

事業者のセーフティネット保証について
四日市市商工農水部商工課 059-354-8175

中小企業、小規模事業者経営相談
四日市商工会議所 059-352-8290
楠町商工会 059-397-2046

特別労働相談
三重労働局雇用環境・均等室 総合労働相談コーナー 059-226-2110

一時的な生活福祉資金の緊急貸し付けについて
四日市市社会福祉協議会総務課 059-354-8265

四日市市健康危機管理対策本部

【問い合わせ先】
危機管理監危機管理室 電話:059-354-8119
健康福祉部健康福祉課 電話:059-354-8281

感染症対策へのご協力をお願いします

政府が発出した緊急事態宣言の対象区域が、4月16日には全国に拡大され、三重県では4月20日から「三重県緊急事態措置」が実施されました。

感染症の猛威は依然衰える兆しが見えず、市内での感染も広がっています。
正確な情報を基に、冷静にそして的確に新型コロナウイルスの感染症対策に取り組んでください。

咳エチケットや手洗いの徹底などの感染症対策、「3密」を避ける取り組みに加えて、移動を控え、他の人との接触機会を減らすことがとても重要です。
お一人お一人が「自分が感染しない」のはもちろん、「自分が感染させない」との強い思いを持って、不要不急の外出は自粛してください。

併せて、他地域に在住するご家族や友人などに対して、帰省や来訪を控えるよう強く呼びかけてください。

市としても総力を挙げて対応してまいります。
この困難な状況に打ち勝てるよう、市民の皆様のご理解ご協力をお願いいたします。

*この記事は4月27日時点の内容によるものです。

STOP! 感染拡大 COVID-19

四日市市健康危機管理対策本部

【問い合わせ先】
危機管理監危機管理室 電話:059-354-8119
健康福祉部健康福祉課 電話:059-354-8281

感染症対策へのご協力をお願いします

新型コロナウイルス感染症対策には、市民の皆様お一人お一人が相談・受診の目安等の正確な情報を基に、冷静にそして的確な感染対策に取り組むことが重要です。

今一度、咳エチケットや手洗いとともに、換気の悪い『密閉空間』、多数が集まる『密集場所』、間近で会話や発声をする『密接場面』という、3つの『密』をできる限り避ける取り組みを徹底してください。

3つの密を避けましょう!

4月7日に、7都府県(東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県)に対して緊急事態宣言が出されました。

また、愛知県、岐阜県、三重県も県独自に宣言を出しました。

これらの地域を含め、感染の拡大がみられる地域への不要不急の出張や訪問等を自粛していただくようお願いします。
*この記事は4月10日時点の内容によるものです

四日市市健康危機管理対策本部

【問い合わせ先】
危機管理監危機管理室 電話:059-354-8119
健康福祉部健康福祉課 電話:059-354-8281

感染症対策へのご協力をお願いします

新型コロナウイルス感染予防のため、引き続き「手洗い」や「咳エチケット」の励行とともに、(1)換気の悪い密閉空間、(2)多くの人が密集する、(3)近距離で会話や発声が行われる、という3つの条件が重なる場所への参加を避けてください。

マスクの品薄状態が続いていますが、お一人お一人が手作りマスクなどによる工夫を行うことで、真に必要な医療従事者等の手元にマスクが届くよう、ご理解ご協力をお願いします。

手作りマスク

四日市市健康危機管理対策本部

【問い合わせ先】
危機管理監危機管理室 電話:059-354-8119
健康福祉部健康福祉課 電話:059-354-8281