四日市市県地区まちづくり委員会

その他公共的団体

人権擁護委員をご存知ですか?

人権擁護委員とは法務大臣の委嘱を受けたボランティアの方々で、皆さんのために日々、人権啓発活動や人権相談などに取り組んでいます。

本市には18人の委員がおり、
県地区からは、

 河邊 毅寿(かわべ きとし)さん にご活躍いただいています。
(任期は令和3年7月1日から3年間)

◆人権についてお困りやお悩みの際は、法務局の人権相談をご利用ください。

みんなの人権110番0570-003-110

人KENあゆみちゃんと人KENまもる君

子どもを虐待から守るのは 地域の人々の「気づき」と「連絡」です

- 4月から子どもへの体罰は法律で禁止されました -

これらは全て体罰です

言葉で3回注意したけど言うことを聞かないので、頬を叩いた

大切なものにいたずらをしたので、長時間正座をさせた

宿題をしなかったので、夕ご飯を与えなかった

「近所の人が虐待しているのでは?」と感じたら、
どうせ人ごと・・・、関わりたくない・・・という意識は捨てましょう。

子どもは、ほとんどの場合自分から助けを求めることができません。

子どもを救うために、あなたが、ぜひ行動を起こしてください。

虐待かもしれないと思ったら・・・

  まずは、連絡・相談ください

 

●児童虐待・子育て・ひとり親家庭など児童・家庭の相談

四日市市家庭児童相談室 TEL:059-354-8276

●こどもの虐待防止ホットラインよっかいち  TEL:059-353-5110


●児童相談所全国共通ダイヤル189
  又は 0570-064-000(24時間OK)

お近くの児童相談所につながります。

 

あさけプラザ工事に伴う駐車場の大幅減少について(ご案内)

ホールなどの工事により、駐車や通行が出来なくなります。皆様にはご不便をおかけしますが何卒、ご理解とご協力をお願します。

期間:令和2年10月27日~令和3年9月30日

詳しくは以下のリンク(PDF)をご覧ください。

あさけプラザ工事に伴う駐車場の大幅減少について(ご案内)
https://www.city.yokkaichi.mie.jp/asakeplaza/pdf/infor-20201025b.pdf

(お問い合わせ電話番号)
あさけプラザ 059-363-0123

 

子どもを虐待から守るのは 地域の人々の「気づき」です!

「おかしい」と 感じたら迷わず 連絡

「しつけのつもり…」 は言い訳

子どもに不自然な あざやケガがある

虐待は あなたの周りでも 起こりうる

 

子どもの命が最優先

あなたにできることから即実行

 

虐待かもしれないと思ったら・・・

  まずは、連絡・相談ください

 

●児童虐待・子育て・ひとり親家庭など児童・家庭の相談

四日市市家庭児童相談室 TEL:059-354-8276

●こどもの虐待防止ホットラインよっかいち  TEL:059-353-5110


●児童相談所全国共通ダイヤル189
  又は 0570-064-000(24時間OK)

お近くの児童相談所につながります。

 

市内で交通事故が多発しています!2020

四日市市内で交通死亡事故3件 発生!(前年比 +3件)

昨年、三重県内、四日市市内で発生した人身事故件数、交通事故死者数は、ともに減少しましたが、今年に入り、市内の交通事故が多発傾向にあり、2月17日現在、四日市市内で3人(前年比+3人)、県下で13人(前年比+5人)の方が交通事故により尊い命を落とされています。

交通死亡事故の特徴

「人×車」の事故が多発夜間に多発

高齢者 道路横断中 反射材なし

○県下で発生した交通死亡事故13件中、「人×車」の事故は6件で、すべてが夜間に発生しており、5件が横断中の事故でした

○四日市市内で発生した交通死亡事故3件のうち2件が、夜間に横断中の高齢者が事故に遭っており、1件は、高齢者が運転する車両の単独事故でした。

交通事故に遭わないために!

横断歩道…横断歩道のあるところでは横断歩道を渡りましょう。

安全確認…道路を横断する前に、一旦止まって確実な安全確認を行いましょう。

反射材…夜間の外出は、明るい服装に心がけ、反射材を着用しましょう。

安全速度…運転は、時間に余裕をもって安全速度に心がけましょう。

四日市市交通安全協議会

藍綬褒章 受賞おめでとうございます

長年にわたり調停委員に従事され、尽力された功績が認められ受賞されました。

平尾町 樋尾 正代さん

平尾町 樋尾 正代さん

 

お詫び
当ホームページにて、誤って「紫綬褒章 受賞」と記載されておりました。
訂正とともに、謹んでお詫び申し上げます。

あがたホームページ作成委員会

見逃さないで 子どもの SOS

子どもを虐待から守るのは 地域の人々の「気づき」です!

 

SOS:いつもしかりつける声と泣き声が聞こえる

SOS:子どもに不自然なあざやケガがある

SOS:夜遅くまで遊んでいる。家に帰りたがらない

 

虐待のおそれがあるとき、連絡することは、親子を守り・支援を始めるためのもので、保護者(親)を罰するためではありません。

虐待の早期発見は、子どもを守るだけでなく、虐待してしまうほど追いつめられた親も救うことになります。 

「これって虐待?」と思ったら・・・

  まずは、連絡・相談ください

 

●児童虐待・子育て・ひとり親家庭など児童・家庭の相談

四日市市家庭児童相談室 TEL:059-354-8276

●こどもの虐待防止ホットラインよっかいち  TEL:059-353-5110


●児童相談所全国共通ダイヤル189 (いちはやく)
  又は 0570-064-000(24時間OK)

お近くの児童相談所につながります。