四日市市県地区まちづくり委員会

地域総合防災活動

2021/10/24(日) 県地区総合防災訓練が行われました

令和3年度の総合防災訓練は、コロナ禍を考慮した上で、自主防災協議会が検討し、災害時の安否確認をスムーズに行うための《黄色いハンカチ作戦》と、参加者を限定した《防災講演会》が実施されました。

自治会加入世帯に新しく配布された「黄色いハンカチ」を、朝からそれぞれの家庭で掲げていただき、各地区の組長さん方が掲示数を確認、自治会長さんから県地区市民センターに無線機を使って報告がなされました。
この訓練は県地区内の安否確認の方法を統一し、要救助者をいち早く発見し救出する目的があります。

今回の結果は、2,054枚の黄色いハンカチを配布し、1,581枚の報告があり、率としては77%になりました。
訓練当日の皆さまのご協力ありがとうございました。

黄色いハンカチ作戦

講演会参加者アンケートでは、
黄色いハンカチ作戦について、
「無理なく取り組める実用的な訓練」
「ハンカチは目立って、確認する人も時間がかからず良いと思う」
「ハンカチの取付場所、道路からよく見える場所、より具体的に指導してください」
「ハンカチは当日出していない家もあるので、実際の災害時に活用できるか疑問です」
など、関心の高さをあらわす意見をいただきました。

《黄色いハンカチ作戦》は、次年度以降も実施予定です。
自治会に加入していない世帯へどのように関わっていくかの課題もありますが、100%の掲示率になるよう普及が進むことを願います。

 

次に県小学校体育館で行われた《防災講演会》は、名古屋大学減災連携研究センターより荒木裕子特任准教授をお迎えし、自主防災協議会委員・地区内の各種団体の代表者を中心に『在宅避難を考える』というテーマで、東日本大震災時の避難所の様子や、避難行動について学び、在宅避難の場合の課題について教えていただきました。

防災講演会

アンケートでは
「県地区以外の方が避難していることも頭に置かないといけない」
「各地区避難所の現況について現地で確認する機会が必要」
「自主防に対してどのように協調してやっていくかを考える過渡期にきていると思われる」
「運営対応を地域として具体的にどのようにやるかガイドブックを作成してもらいたい」
「高齢者に対応した活動を実施してほしい」
などたくさんの意見をいただき、今回の訓練をとおして、地域のみなさんが、真剣に考えていることをアンケートの中からも感じることができました。

しかしながら災害は他人事ではありません
自助はもちろんのこと、県地区として平時のいまだからこそ備えておくべきことが、まだまだあるのではないでしょうか。



四日市メリノール学院が指定避難所に指定されました

今回、新たに「四日市メリノール学院」が指定避難所として指定され、県地区の指定避難所は5つとなりました。

この機会に、避難所までの経路や災害時の持出グッズについて見直しをお願いします。

【問い合わせ】
四日市市役所 危機管理室
電話 059-354-8119

持ち出しグッズ

県地区総合防災訓練が行われました 2020/11/8(日)

令和2年度の総合防災訓練はコロナ禍での開催を考慮し、三密を避けるため参加者を女性に限定した「女性向け防災訓練」を行いました。

市内で防災教室を行っている『女性防災クローバー』と『四日市市消防団県分団』に講師を依頼し、秋晴れの中、各町の自治会から2名の代表者、県小PTAと地区社協からも女性の方にご参加いただいて、5つのワークショップを体験する訓練となりました。

訓練内容は、次号以降に順次掲載をしていきますので、お楽しみに~。

令和2年度 総合防災訓練(女性向け防災訓練)参加者の皆さん

《参加者感想アンケートより》

  • コロナ禍の中、どうかなと思いましたが、参加させて頂いて良かったです。
  • とても楽しく参加させて頂きました。大変勉強になりました。
  • 初めて参加しました。このような機会は今後も継続して実施すべきだと思いました。
  • とてもわかりやすく説明していただいたので勉強になりました。また参加したいです。

県地区総合防災訓練 (避難訓練) (2019/9/29)

9月29日(日)北勢きらら学園を指定避難所とする、あがたが丘1~3丁目、上海老町大沢・下海老町(赤坂・北の山)を中心に、500名を超える参加者のもと、県地区総合防災訓練が行われました。

当日は暑い一日になりましたが、正面玄関先では、四日市消化器病センターの職員、県分団員の指導のもと、救護応急手当訓練、心肺蘇生法訓練、初期消火訓練、車イス訓練が行われました。
また体育館では、危機管理室指導のもと、クロスロードゲームが行われました。

クロスロードゲーム
クロスロードゲーム
車椅子訓練
車椅子訓練
AED の訓練
AED の訓練
500 名を超える参加者が集合
500 名を超える参加者が集合
アルファー米を配布
アルファー米を配布
水消火器訓練
水消火器訓練

企画・運営・準備等に関わっていただきました関係者の皆さん、ご参加いただきました皆さん、ご協力ありがとうございました。
心より御礼申し上げます。

≪アンケートより頂いたご意見の一部を、紹介させていただきます。≫

  • 大災害が起きた時は、避難所は今日以上にもっと混雑すると思う。大勢の人達と訓練ができてよかった。
  • 他人事のように考えていたが、改めて準備の必要性を感じた。
  • いろいろな体験が出来てすごくためになった。
  • クロスロードゲームは、みんなの意見が聴けて、誰しも共助の想いがある事を確信できて嬉しく思った。
  • クロスロードゲームは、1つのテーマに対していろんな意見の違いが判って良かった
  • マイクが聞き取りにくかった。
  • 各町での避難訓練で対応した方がいいのでは?
  • スクリーンやアンケートの文字が見えない。
  • 人が多すぎるし、時間が長すぎた。日にちを分けた方がいいのでは?
  • 参加している高齢者への配慮がなされたか?

《今後の参考にさせていただきます。》

宝くじ助成金で防災資機材の整備を行いました 2017年度

平成29年度コミュニティ助成事業(宝くじの助成金)の採択を受け、県地区自主防災協議会で簡易無線機と自動中継弁(ダイレクトバルブ)の整備を行いました。

宝くじ助成金により防災資機材整備宝くじ助成金により防災資機材整備

県地区総合防災訓練(避難訓練)2016/9/25

 今年度の県地区総合防災訓練は、県小学校を指定避難所とする 8 自治会(赤水町、あこず団地、上海 老町、平尾町、平尾町栄、江村町、北野町、黒田町)を中心に、600 人近い参加者のもと行われまし た。

新たな試みとして、各自治会長による簡易デジタル無線機を使っての情報収集報告訓練、全町一斉 に行われた見える所に掲げる黄色いハンカチによる安否確認、家屋に住めなくなった事を想定して体育 館での避難生活体験訓練、車イスを利用して行われた災害時要支援者介護訓練等、終始大勢の地区の皆 さんに体験していただきました。

企画・運営・準備等に関わっていただきました関係者の皆様、ご参加いただきました皆様、ご協力あり がとうございました。

天候にも恵まれ無事に終了することができましたこと、心よりお礼申し上げます。

 

段ボール製の間仕切り
段ボール製の間仕切り 

 

簡易トイレプライベートルーム
簡易トイレ / プライベートルーム

 

 車いす訓練
車いす訓練

 

 段ボールでベッドづくり
段ボールでベッドづくり

 

  みなさん、おつかれさま!
みなさん、おつかれさま!

平成27年度 県地区総合防災訓練 2015/9/20

9月20日(日)の県地区総合防災訓練は、あがたが丘一丁目自治会を中心に訓練の計画・準備を行いました。

バケツリレー
避難所訓練では、昨年に引き続き、『黄色いハンカチ』を安全確認済みのサインとして訓練を行いました。
9時半に各町から三重県立北勢きらら学園東南空地に集合して、各々の被災状況報告、10時 からは救出救護訓練、工作班による簡易トイレ設置、県分団員による放水訓練、初期消火訓練、 アルファ米の炊き出し訓練が行われました。
各自治会役員の方々のアドバイスや、関係者各位の多大な協力のもと、天候にも恵まれ無事に 終了することができました。

準備・参加していただきました皆様、ご協力ありがとうございました。

倒壊家屋からの救出訓練 倒壊家屋からの救出訓練