6月15日(水) 県小の多目的教室に遺族会会長 須原さんを迎えて、戦争当時のお話を伺うことができました。

支那事変で亡くなられたお父様の遺品や戦地から届いた手紙の内容を紹介していただき、戦時中、小学生だったご本人の学校生活などを教えてもらいましした。
県小学校に奉安殿が残っている経緯についても聞かせてくださり、真剣に耳を傾ける子どもたちには、戦争の愚かさや平和の大切さを感じられる時間となりました。


今回ご紹介いただいた戦地からの手紙は、今年も社会福祉協議会主催「平和祈念祭」にて展示される予定になっております。
詳しい内容が決まり次第、回覧にておしらせします。

 遺族会会長 須原さんのお話を伺いました

毎年、夏から秋にかけて、清掃活動などの地域行事が盛んに行われる中、以下のような事故が多数発生しておりますので、ご注意ください。

  • 自治会の除草作業でハチに刺された
  • 鎌で手を切るケガをした
  • 草刈り機で石を跳ねて近くの車両を破損させた
  • 地区運動会で転倒しケガをした
  • 町内夏祭りの片付けで やぐらから転落してケガをした

本市では、地域活動中の事故等に対応するため、市民活動総合保険に加入しています。

万が一事故が発生した場合は、下記の担当までご相談ください。

お問い合わせ先/市民協働安全課
(059-354-8179 FAX::059-354-8316)

地域行事等における事故にご注意ください

 県小学校の地域連携花壇に、今年も6種類の花苗(ファリナセア・ジニア・コリウス・メランポジウム・千日紅・インパチェンス)が植えられました。

今年から県小環境ボランティアの方々が連携花壇の作業に加わり、
PTA・赤水町自治会・あがたグリーンガーデンの会の皆さんと花の位置を決めていただいたあと、
一学年毎にお昼までかけて苗をポットから花壇に移し替えました。

1年生は6年生に教えてもらいながら初めての作業を行いました。

加藤牧場さんから無償での堆肥の提供もあり、夏の暑さに耐え、きれいな花を咲かせてくれることでしょう。

地域連携花壇の花苗植えの様子 地域連携花壇の花苗植えの様子

大きな揺れの地震が発生しました!

・自宅の家具などは転倒しないように固定されていますか?

・避難する際の準備はできていますか?

四日市市消防本部では、大規模地震等の災害が発生した場合に、迅速かつ適切な行動がとれる能力を培い、
災害に備える重要性を学び、「自助」「共助」に必要な知識や技能を身につけさせるために、中学生を対象に防災教室を実施しています。

今回は、皆さんも自宅で簡単に確認できる災害対策について紹介していきたいと思います。

安全な家具の置き方チェックポイント

□ 家具はできるだけ壁につけて、窓ガラスから離しておきましょう。
□ テレビなどに滑り止めを付けましょう。
□ 家具や棚などは、壁・天井・床に固定しましょう。
□ タンスや食器棚の上に、重いものや割れやすいものを置かないようにしましょう。
□ 転倒、落下しやすいものや燃えやすいものを家具の上にのせないようにしましょう。

家具類の転倒・落下防止対策の例
家具類の転倒・落下防止対策の例

 

連絡先
四日市市中消防署中央分署
TEL 325-4717

~自分と家族の命を守るために事前の備えをしましょう!~

令和4年5月17日(火)、三重県総合文化センターにおいて第15回三重県民生委員児童委員大会が開催され、
県地区からは民生委員児童委員として長年ご尽力された功績が認められた2名の方が表彰されました。

三重県民生委員児童委員協議会会長表彰

千種 宏幸(ちくさ ひろゆき) さん

萩 さち子(はぎ さちこ) さん

表彰おめでとうございます

5月26日(木)緑化活動に尽力された方の功績をたたえる、令和4年度の都市緑化関係功労者表彰式典が行われました。

都市公園及び市民緑地の開設に顕著な功績のあったものとして、【市民緑地の無償提供】で下記のお二人が表彰されました。

 

【個人】(岡山市民緑地として5年以上の無償提供)

鈴木 富士子(すずき ふじこ) さん
位田 末雄(いんでん すえお) さん

緑化イラスト

川柳大会と写真コンテストの応募作品が、県地区市民センター2階大会議室にて5月20日まで展示されていました。

展示期間中に市民センターへ来館された110名の方に審査をお願いし、得票数上位の方々が決定いたしました。
作品の応募・審査にご協力いただきました皆様、ありがとうございました。
尚、表彰式は行わず入賞者の方々には、個別に連絡をさしあげております。

 入賞された皆さん