地震の対策、出来ていますか?

近年では、東日本大震災や熊本地震が発生し、大きな被害が発生しました。
東海地方でも、いつ地震 がおこるかわかりません。
いつ地震がおきても対応できるように、災害に対する準備をしましょう。

 

どういう準備をしたらいいのかな?

  • 非常持出袋の準備
  • 家具の固定
  • 避難経路、避難場所の確認 等

**************************************************

災害に対する準備をしましょうここでは、非常持出袋について説明していきます。
いったいどのようなグッズを入れておけばよいのか、とても迷うと思います。

個人差はありますが、重量の目安としては、成人男性15kg、女性10kg です。 

非常持出袋に何でもかんでも詰め込めばよいわけではありません。

例として、非常持出品は以下のようなものがあげられます。

・水 ・非常食品 ・現金 ・缶切り ・十徳ナイフ・通帳
・免許証、健康保険証のコピー ・衣類 ・手袋 ・靴(スリッパ)
・ヘルメット(帽子)・懐中電灯(ヘッドライト)・携帯ラジオ
・電池・マッチ ・ライター ・筆記用具 ・メモ帳・ポリ袋・ティッシュ ・その他生活用品

自分自身が必要とする優先順位に沿って、自由に詰め込めますが、
避難生活を送らなければならないことを想定した場合に、最低限必要となってくるものを準備しましょう。

1人あたり 最低3日分の食料品や飲料水などを用意しましょう。
水を例にあげるなら、1日3L×3 日で、9Lが必要となります。

また年に1度は、古くなっていないか、使えるか、確認しましょう。 

四日市中消防署 中央分署
TEL:059-325-4717

 


印刷